2010年03月08日

鶏ささみ肉のピカタ

ピカタはイタリア料理のひとつでピッカータともいいます。イタリア料理といっても比較的簡単な料理ですから、今までに食べたことがある料理でしょう。
特徴は薄切りの肉(ぶた、牛、鳥など)に塩、コショウなどで下味をつけて小麦粉をまぶし、パルメザンチーズを混ぜた溶き卵をたっぷりつけて包み込むようにして焼いた料理です。韓国料理にもジョン(卵の付け焼き)というピカタと同じような料理があります。
淡白でパサつきがちな鶏ささみ肉が卵に包まれ、ふんわりとした口当たりになります。冷めてもおいしいのでお弁当に是非、どうぞ!

鶏ささみ肉のピカタ レシピ

★おいしいお弁当作りのコツ!
・鶏ささみ肉は、たんぱく質が豊富でカロリーも低く、積極的にとりたい素材です。味が淡白なのでお弁当に用いるときは、味をしっかりつけたほうがおいしいでしょう。
・観音開きにすると肉の厚さが薄くなり、火の通りが早くなります。朝の忙しいときのお弁当作りの味方です。
・1本のささ身肉を2~3切れに切ります。お弁当箱にピッタリサイズになりますし、卵液がより多くからみ、おいしくなります。

◆材料(2人分)
・鶏ささみ肉・・・2本

*ピカタ液
・パルメザンチーズ(粉チーズ)・・・小さじ2
・卵・・・2個

・塩、コショウ・・・少々
・小麦粉・・・適量
・サラダ油・・・適宜
・バター・・・適宜

◆つくり方
1.鶏ささみ肉の下ごしらえをします。
(1)筋を取ります。
ささ身肉の幅の広いほうに白く見えている固いものが筋です。指先でつまむようにして押さえながら、包丁を筋にあて、しごくように引き抜いていきます。
(2)観音開きにします。
 A:肉のたて中央に、肉の厚さの半分ぐらいの深さまで切り目を入れます。
  B:包丁を寝かせ、Aの切れ目から左右へ身の途中まで切りこみをいれ、両側へ開きます。

2.1で開いたささ身を、1本を2、3切れに切り、塩、コショウを下味をつけ、小麦粉をまぶして余分な粉をはたいて落とします。
3.ピカタ液を作ります。卵を溶きほぐし、チーズを混ぜます。
4.フライパンを熱してサラダ油とバターを馴染ませ、2のささ身肉の両面を焼いて取り出します。
5.4のフライパンにピカタ液を流しいれ、4の焼いたささ身肉をのせ、焦がさないように卵液で肉を包み込むようにします。
*お弁当用には、卵を半熟にせず、しっかりと熱を通すようにしますが、すぐにいただくときには七分通りの火の通りぐらいがおいしいです。

◆おすすめお弁当献立
●スパゲティナポリタン
●肉ダンゴの照り焼き風
●オレンジゼリー
posted by kami at 10:27| お弁当レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

大豆とジャコのピリカラ揚げ

健康的で栄養も豊富なお弁当レシピです。

大豆に片栗粉をまぶしたものをパラパラにして香ばしく揚げた後に、ピリカラ味をからめて仕上げました。

カリカリに揚げたジャコとの相性もばっちり決まっています。

ダイエット中の女性にも育ち盛りのお子さんにもうってつけの料理です。また、職場でストレスいっぱいのお父さんにはカルシウムがいっぱい必要です。

現代人に不足がちなカルシウムを補いましょう。
このおかずは作り置きできますから、常備菜としても食卓に出したいお料理です。

大豆とジャコのピリカラ揚げ レシピ

★おいしいお弁当作りのコツ!
・市販のゆで大豆(蒸し大豆または水煮)を用いることで簡単手軽にできます。
・レシピは2人分となっていますが、倍量くらいでまとめて作って保存してはどうでしょう。

◆材料(2人分)
・ゆで大豆(市販)・・・150g
・片栗粉・・・大さじ1
・チリメンジャコ・・・15g
・細切り昆布・・・少々
・赤唐辛子の輪切り・・・1/4本
・ショウガの千切り・・・1/4片分
・しょうゆ、味噌・・・各大さじ1/2
・砂糖・・・小さじ1
・酒・・・大さじ2
・揚げ油・・・適宜

◆つくり方
1.小鍋に、しょうゆ、味噌、酒、砂糖をいれ、タネをのぞいた赤唐辛子、ショウガの千切りを加えて煮立て、タレを用意しておきます。
2.大豆は水気をきって、片栗粉をまぶし、パラパラにします。
3.1を低温の油〈*参照 ミニ辞典〉でゆっくりと揚げます。
4.油の温度を少しあげ、ちりめんじゃこと昆布も揚げ、かりっとさせます。
5.1のタレに揚げたての2と3を入れて味をからめます。

*完全に冷めてからお弁当箱へ詰めます。
◆おすすめお弁当献立
●ゆかりご飯
●鶏むね肉の照り焼き
●ごぼうの胡麻和え
●酢レンコン
●イチゴ
posted by kami at 13:59| お弁当レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

とりささみ肉の梅味噌焼き

朝の忙しい時間でも短時間でお弁当作りができる料理をひとつ紹介します。観音開きした鶏ささみ肉に、たたき梅(ねり梅)を混ぜた味噌を塗って、あとは電子レンジにおまかせで簡単出来上がり。

お弁当のおかず、鶏ささみ肉の梅味噌焼き

美味しい作り方のポイントは!
レシピ通りに蒸した状態でも充分美味しく食べれるのですが、ひと手間かけるとさらに美味しくまります。
それは、完成した後さらに、オーブントースターで焼き色をつけるのです。見た目にも食欲をそそる一品に早変わりしますよ。

◆材料(2人分)
・鶏ささみ肉・・・2本
・梅干(柔らかいタイプのものがよい)・・・1個
 梅干がないときは練り梅で代用してもよい
・青じそ・・・少々
・みそ・・・小さじ2

◆つくり方
1.鶏ささみ肉の下ごしらえをします。
(1)筋を取ります。
ささ身肉の幅の広いほうに白く見えている固いものが筋です。指先でつまむようにして押さえながら、包丁を筋にあて、しごくように引き抜いていきます。
(2)観音開きにします。
まず肉のたて中央に、肉の厚さの半分ぐらいの深さまで切り目を入れます。次に包丁を寝かせ、先ほどの切れ目から左右へ身の途中まで切りこみをいれ、両側へ開きます。
2.梅みそを作ります。
梅干は種をとってつぶし、包丁で細かくたたきます。青じそはみじん切りにします。みそにたたいた梅と青じそのみじん切りを加えてよく混ぜます。
3.1のささ身のうえに2のみそを薄く塗りつけ、軽くラップをして電子レンジで2分ほど加熱します。
4.3をオーブントースターで軽く焦げ目がつくくらいに焼きます。

*完全に冷めてから、1本を2、3切れに切り、お弁当に詰めます。
◆おすすめお弁当献立
●ご飯
●牛肉のしぐれ煮
●レンコンのキンピラ
●ホウレン草と薄上げの煮浸し
●キウイフルーツ
posted by kami at 13:58| お弁当レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。